修行その20

【修行その20】 2007年7月15日(日)放送

「ギチョギチョ!トライアングル対抗戦」

臨獣ライオン拳の恐るべき力! 理央に完敗したゲキレンジャーだが、シャーフーと理央との取引により、3日間 の猶予を与えられた。

理央との対決の中、ジャンが一瞬見せた究極の激気=過激気の片鱗。残り僅かな時間で3人はその過激気を完全に習得 しなければならない。世界の命運をかけての再戦に向け、屈辱から立ち上がった3人の前に立ち塞がるのは…

1_17.jpg

シャーフーを人質に取られ、限られた期間で“過激気”を修得しなけらばならなくなったゲキレンジャー。そんな3人の前に、心技体を最も極めた拳聖「マスター・トライアングル」、激獣ゴリラ拳のゴリー・イェン、激獣ペンギン拳のミシェル・ペング、激獣ガゼル拳のピョン・ピョウが現れる。


ゴリーは、ジャンにだけ、過激気によってのみ作動する“スーパーゲキクロー”を渡すが、ジャンには使いこなせない。3人は一刻も早く修行を始めたかったが、ゴリーたちは、過激気は教えてもらって修得できるようなものではないという。そこで、三人の拳聖と心技体を競う「三山戦」を行うことに!


一の試合・先鋒戦は、コインの積み上げで、ゴリーとジャンが“心”を競うことに。しかし、途中でジャンが試合を放棄してしまい敗北。さらに、そんなジャンの態度にレツが怒り、2人は仲たがいをしてしまう。そんな中で始まった二の試合・次鋒戦は、ミシェルとランが、スケボーの“技”を競うことに。


ランは、苦手の“技”勝負ながら、レツのアドバイスで引き分けに持ち込み、望みを次につなげる。絶対に負けられない三の試合・大将戦は、ピョウとレツが、互いに腕に巻いたバンダナを奪い合うことに。“体”=スタミナが必要なこの勝負。レツは、ジャンのアドバイスにより、限界を乗り越え、ついにピョウに勝利する。



「三山戦」を五分の成績で引き分けたゲキレンジャーは、過激気を身につける資格を得たのだ。しかし、ここまでなら、理央は三戦全勝で到達していた。本当に大変なのは、ここからなのだ。そんな中、理央の気配が。3人は、過激気を修得できないまま、理央との戦いの場所へと向かうのだった。

ゲキレンジャー商品一覧ページ

テレビ朝日による公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/geki/

東映による公式ページ
http://www.toei.co.jp/tv/gekiranger/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。